ヒプノセラピーとは?

 

普段、私たちが認識しているのは理性的・合理的な判断や思考、分析をする「顕在意識」。

一方「潜在意識」には感情・感覚・直感・イメージ、その他、普段思い出せない昔の記憶(幼児期・胎児・前世の記憶)やこれまで培ってきた情報、知恵のすべてが貯蔵されています。

 

8~9歳頃、外部の刺激から自分を守るために、二つの意識の間に膜(クリティカルファクター)が出来上がり、この膜によって潜在意識は分断されてゆきます。

それ以前の子どもには膜がありませんのでとても感受性が強い状態で、ポジティブなものもネガティブなものも全てが潜在意識に取り込まれます。

 

潜在意識に幼児期の満たされなかった思いや辛い体験の記憶が残っていると、ある特定の状態でその感情的な傷を刺激され、ワケもわからず怒ったり、落ち込んだり、あるいは積極的に行動できないなどの影響を及ぼします。

また、特に親から受け継いだ価値観が潜在意識に植え込まれていると、本当の自分の気持ちにそった生き方ができず苦しく感じたりするのです。


そこで、人為的に深くリラックスした状態を作り、顕在意識と潜在意識の間にある膜を一時的に取り払い、あなた自身の潜在意識に繋がって行う心理療法です。

普段は認識していない深いところで、問題の原因へとアクセスしてイメージや暗示によって心を解放していきます。

これにより満たされなかった思いや辛い体験の感情を癒したり、思い込みを手放したりして、深い部分から理解し、許し、解放することができるようになります。

こうして癒されてゆくと、今までの「生きにくさ」が徐々に軽減され、本来の「自分らしさ」を取り戻してゆくことができるでしょう

 

※1955年に英国医師会(British Medical Association)がヒプノセラピーを有効な治療法として認めています。
1958年には米国医師会(American Medical Association)もヒプノセラピーを有効な治療法として認めています。
米国心理学会(American Psychological Association)と米国歯科医師会もまたヒプノセラピーを有効な治療法として認めています。



期待される効果

  • トラウマの改善(虐待、事故)
  • 対人関係の改善(親子関係、夫婦関係、職場での人間関係)
  • 習慣や癖の改善(食に関する問題、あがり症、消費癖、依存症)
  • 心身の悩みの解消(不眠症、不安、恐れ、パニック、無気力)
  • 自己啓発(性格や自己イメージの改善、自己開発と発見、活動力回復)
  • 能力開発(芸術、スポーツ、コミュニケーション、潜在能力、創造力)
  • 自己コントロール(ストレスの軽減と対処、痛みのコントロール)
  • 自己探求(人生の目的、人生の方向性、抱える問題の意味を探る)

 

※ ヒプノセラピーは医師が行う治療の代わりとなるものではありません。精神科や診療内科にかかっていらっしゃる方、現在お薬を服用中の方は、 主治医の許可がない限りは施療をお受けできません。

もしくは通院されていなくとも、こちらがお受けすべきでないと判断した場合も同様です。